ホーム > 特殊注入工事

特殊注入工事

ビル・マンション・アパートをご所有のお客様。小さなクラックでも、外見上、目立たないのでそのまま放置すると、そこから雨水などが入り、内部を腐らせたり、基礎内部の鉄筋を錆びさせ、躯体の耐久性を著しく落とす危険性があります。定期的にメンテナンスを行い、建物を長持ちさせることが可能になります。

特殊注入工事の流れ

補修個所の確認

補修範囲の確認

テストハンマーなどを用いて打診し、浮きやひび割れの状態を確認します。

補修個所の確認

補修範囲の確認

テストハンマーなどを用いて打診し、浮きやひび割れの状態を確認します。

穿孔

穿孔

環境を配慮した超低騒音、超低振動、無粉塵での高品質な穿孔を行います。 自動孔内洗浄効果により接着性が向上します。

注入

注入

ハイブリッドノズルによる「建築改修工事監理指針」に沿った孔最深部より空隙のない確実な樹脂注入を行います。

ピンニング

ピンニング

ハイブリッドピンにより安全で確実なピンニング。
ピンキャップ部にタイル(壁面)と同色の焼付塗装が施されている為、従来工法の仕上げより工程を短縮できます。

完成

完成

施工箇所が目立ちません。
既存タイルに施工することで産業廃棄物を生みません。

特殊注入工事で使用する特殊機械など

特殊注入工事の施工実績


ビルの特殊注入工事

マンションの特殊注入工事

ホテルの特殊注入工事
会社概要
株式会社理建
〒982-0023
仙台市太白区鹿野1-10-1
TEL: 022-746-8825
理建の会社概要